終身医療保険の特約をつけていく

 

普通の怪我や病気も気になるところですが、
私は一年前に
子宮のちょっとした病気になり、
自分の体について
悩んでいたことがありました。
(今は完治しています)

 

 

私の子宮のことですが、
病気と言ったら大げさかもしれませんが、
片方の卵巣が腫れる、というものでした。

 

 

しばらく何の症状もなかったので放置していたのですが、
ある時、急に腹痛を感じ、その腹痛が数日経っても消えなかったので
不審に思い病院に行きました。
超音波検査と内診をしてもらったら
片方の卵巣が腫れていると診断されたんです。

 

 

処方して薬を飲んだら3週間ほどで治りました。
「生理的なものなので、あまり心配しなくていい」と言われました。
でも、最初の診断の時は
「もしかしたら子宮内膜症かもしれない」
と言われたんです。
その時のショックは今でも忘れられません。
治って本当に安心しました。

 

 

この病気になった時、
私は激務だった会社を辞めた1か月後くらいでした。
残業ばかりの日々で、仕事に魅力を感じられないまま
忙しい日々が過きていって…
だいぶストレスが溜まっていたんだと思います。
女性は、「ストレスは子宮に溜まる」って言いますからね。

 

 

会社を辞めて
リラックスしたら、
一気に緊張の糸がほどけて、
悪いもの全部出たんじゃないかと
私は思っています。

 

 

 

さてさて、話を戻しますが、
この件もありましたし、
その頃は女性の乳がんや子宮がんが
増えているということも
メディアでよくとりあげられていました。
実際に友達の母が患っていたこともあり、
とても他人事には思えなかったんです。

 

 

 

ですから
「女性専用の病気に対しての保障を付けたい」
と自分から申し出ました。
私は女性なので、
必ずしも、
男女共通の病気にしかかからないとは言えません。

 

 

 

その時は
主契約ではそれは賄えますが、
女性特有の病気やガンになったとき、
何も給付されないことになります。
それは怖いので、
女性特約を加えました。
女性特有の病気って、なった時にお金かかりますからね・・・。
回りの人の交通費とかだけでもばかになりません。

 

 

 

他に、
先輩から
こういう特約もあってオススメだよ
と言われたのが、
「疾病障害による保険料払込免除特約」です。

 

 

 

これから先、
自分で自分の保険料を払っていくわけですが、
もし自分の身に何かあって、
高度障害や、身体障害状態になり、
その支払いができなくなってしまった場合、
保険料は免除してもらえる
というものものです。

 

終身医療保険〜特約をつけていく

 

月々35円ですし負担になりません、
無駄にならないと思って決めました。

 

 

 

だって、
例えば35歳まで健康体でいて
月々の保険料をちゃんと払えていたのに、
35歳のときに運悪く病気になって働けなくなり
保険料が払えなくなってしまったら、
解約せざるを得ませんし、
解約しても、これまで払った分が
100パーセントで戻ってくることはないし、
場合によっては何も返ってこないです。
そういう事態だけは避けたかったんです。

 

終身保険選びのページに進む